So-net無料ブログ作成

Qbric CMT-101を修理 [AV機器]

1997年に発売されたSONY Qbric CMT-101は、デザイン性の高い小洒落たミニコンポ。当時速攻で購入し、今でも所有しています。

ところが最近、電源を入れても左チャンネルの音がすぐには鳴らず、ボリュームを一定まで上げると急にボンッと鳴り出すという不具合が発生。

以前、同様の症状が出たときにはメーカー修理を依頼しましたが、発売から19年も経つ今となっては受け付けてもらえないだろうなー。

まあ、前回の修理でリレーを交換されたことはわかっているので、自分で修理してしまおう……。

Qbric CMT-101のCDレシーバーユニット(HCD-101)に使用されているリレーは、DEC DG2SU 24VDC。現在廃番となっておりますが、共立エレショップで入手できる Panasonic ALA2F24で代用できるようです。

問題は、小さな筐体に電源ユニット、CDドライブ、チューナーユニット、複数の基板とドーターボードがみっしり詰めこまれていること。分解するのが、寄木細工の秘密箱を解くレベルの面倒くささです。

というわけで、いつの日か再び修理するときのために、分解の過程とリレー交換全記録を残しておきます。


HCD101_01_側面ネジ.jpg (1) 側面のネジを、左右2本ずつ、計4本外す。

HCD101_02_ケース上部外し.jpg
(2) 上部のシャーシを、上方へ持ち上げるようにして外す。

HCD101_03_底部ネジ.jpg
(3) フロントパネルをとめている、底部のネジ2本を外す。

HCD101_04_前面パネル外し.jpg
(4) フロントパネルを正面方向へまっすぐ引き抜いたあと、左側基板に接続されているフレキシブルケーブルと4ピンコネクタを外す。

HCD101_05_側面フレキ外し.jpg
(5) 上部基板に接続されている、本体側面のフレキシブルケーブルを外す。

HCD101_06_上部基板ネジ.jpg
(6) 上部基板をとめている2本のネジを外す。

HCD101_07_上部基板コネクタ1.jpg
(7) 上部基板を外す。まずは、右側基板に接続されているコネクタを上方へ持ち上げて外す。

HCD101_08_上部基板コネクタ2.jpg
(8) 上部基板に接続されている5ピンコネクタを外す。これで上部基板を完全に外せる。

HCD101_09_CDコネクタ1.jpg
(9) CDドライブ下部のフレキシブルケーブルと、2ピンコネクタを外す。それぞれ矢印で指している側が外しやすい。

HCD101_10_CDネジ.jpg
(10) 側面下部のネジを左右2本ずつ、計4本外し、CDドライブを外す。

HCD101_11_CDコネクタ2.jpg
(11) CDドライブ後方の黒いケーブルを外す。これでCDドライブを完全に外せる。

HCD101_12_背面ネジ.jpg
(12) リアバネルをとめている黒いネジをすべて外す。

HCD101_13_背面コネクタ.jpg
(13) リアパネルを外し、スピーカーターミナル基板に接続されている3ピンコネクタを外す。

HCD101_14_SPターミナル外し.jpg
(14) スピーカーターミナル基板を外す。左方向へ引き抜くと青いコネクタが外れる。

HCD101_15_側面基板ネジ.jpg
(15) 左側基板下部のネジを外す。

HCD101_16_底部ネジ.jpg
(16) 電源ユニットをとめている、本体底部のネジ4本を外す。

HCD101_17_電源コネクタ1.jpg
(17) 電源ユニットの黄色いコネクタを外す。コネクタをロックしているツメをマイナスドライバーで押し込むと、簡単に引き抜ける。

HCD101_18_ヒートシンクネジ1.jpg
(18) ヒートシンクをとめている、背面下部のネジを2本外す。

HCD101_19_電源コネクタ2.jpg
(19) 電源ユニットを持ち上げると、2つのコネクタが見える。このうち幅が広いほうを外す。幅が狭いコネクタは外しても外さなくても構わない。

HCD101_20_ヒートシンクネジ2.jpg
(20) 背面ヒートシンク上部のネジ2本を外す。

HCD101_21_パワーICネジ.jpg
(21) ヒートシンクの裏側に取り付けられている、パワーアンプIC(LM1876TF)のネジを外してヒートシンクと分離する。

HCD101_22_パワーIC基板外し.jpg
(22) パワーアンプIC基板を外す。

HCD101_23_旧リレー.jpg
(23) ここまで分解すると、ようやくリレーにアクセスできる。DEC DG2SU 24VDCと書かれた部品がリレーだ。

HCD101_24_旧リレー外し.jpg
(24) リレーの6本の足のハンダを除去し、リレーを基板から外す。ハンダゴテを当ててハンダを十分溶かし、吸取り器をしっかり当ててシュポッと吸い取る。

HCD101_25_新リレー.jpg
(25) こちらが交換用のリレー、Panasonic ALA2F24。

HCD101_26_新リレー取り付け.jpg
(26) 新しいリレーを基板にハンダ付けする。基板がぐらつく場合には、リレーの下にコースターなどを敷いて、背の高い電解コンデンサと高さを揃える。

HCD101_27_放熱グリス.jpg
(27) せっかく分解したので、ヒートシンクに取り付ける部品の放熱グリスを塗り直しておいた。


あとは逆順に組み立てれば修理完了!

※ちなみにHCD-101のサービスマニュアル(英語版)は「HCD-101 Service Manual」で検索すると入手できます。



PANASONIC ALA2F24(10個セット)

PANASONIC ALA2F24(10個セット)

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: Tools & Hardware



uxcell はんだ除去ポンプ はんだ吸取ポンプ 33x4.5x3.5cm

uxcell はんだ除去ポンプ はんだ吸取ポンプ 33x4.5x3.5cm

  • 出版社/メーカー: uxcell
  • メディア: Tools & Hardware



uxcell はんだ吸取り線  0.6mm 35G 60/40 シルバー

uxcell はんだ吸取り線  0.6mm 35G 60/40 シルバー

  • 出版社/メーカー: UXCELL
  • メディア:



SONY マルチコネクトコンポ CMT-SBT40 CMT-SBT40 SC

SONY マルチコネクトコンポ CMT-SBT40 CMT-SBT40 SC

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました