So-net無料ブログ作成
検索選択

Radiko受信スクリプト修正 [Raspberry Pi]

2016年10月11日のRadikoタイムフリーサービス開始後、Raspberry Piに仕込んだRadiko受信スクリプトが正常に動かなくなっていたので修正を施しました。

仕込んだスクリプトは、先人によるshellスクリプトを参考にして、らじる★らじるとRadikoの双方に対応できるようPythonで書き直したものです。

ゆえに、他の方が修正したshellスクリプトを見ても、(自分のスクリプトの)どこを直せばいいんだか、ひと目ではわかりにくい。X-)

あれやこれやググってみると、その名もズバリ「忘れたらググればいい」さんの「radikoの仕様変更で録音ができなくなる問題を修正(2016年10月)」に変更点がわかりやすくまとめられておりました。


1)
playerurl=http://radiko.jp/apps/js/flash/myplayer-release.swfに変更


2)
X-Radiko-App: pc_tsに変更


3)
X-Radiko-App-Version: 4.0.0に変更


4)
/opt/local/bin/swfextract -b 12 /dev/stdin -o /dev/stdoutに変更


(「忘れたらググればいい/radikoの仕様変更で録音ができなくなる問題を修正(2016年10月)」より引用)


加えて、「radikoの仕様変更によるRaspberry Piでの録音失敗対応」に書かれている「Authtoken,Partialkeyのキャメルケース変更」も適用しました。


5)
X-Radiko-AuthTokenに変更


6)
X-Radiko-PartialKeyに変更



これらを参考に自前のPythonスクリプトを修正し、ふたたびRasPiでラジオを聴けるようになったのでした。めでたし。










Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: