So-net無料ブログ作成

スマートスピーカーのradiko遅延問題 [電子ガジェット]

拙宅では現在、以下の3種類のスマートスピーカーを使用しております。
・Clova WAVE
・Google Home
・Amazon Echo

で、これらのスマスピでradikoを再生すると遅延量に大きな差があることに気づき、サクッと計測。

radikoでTBSラジオを再生し、ポケットラジオで受信したTBSラジオの音声と遅延量を比較してみました。結果は……。

・Clova WAVE 約20秒遅延
・Google Home 約35秒遅延
・Amazon Echo 約78秒遅延

Amazon Echoの遅延量が極端に大きい!

スマホのradikoアプリなら設定画面でバッファ時間を変更できますが、スマスピ版radikoでは今のところ変更できない模様。

radikoの遅延量だけでいえばClovaが優秀ですが、その他の機能も考慮すると総合力の高いCoogle Homeがベストバイかなあ、今のところ。

LINE通話目的ならClova Friendという選択肢もありますけどね。
(Clova WAVEはLINE通話ができず、今後も対応予定なし)

※Clova Friendsも持っていたけれど、人にあげてしまったため遅延量計測できませんでした。



Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • メディア: エレクトロニクス





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。