So-net無料ブログ作成
検索選択

あなたの重要なWindowsドライバの期限が今日切れ……るはずがない [Windows]

Google検索でヒットした某サイトへアクセスしたら、このようなメッセージが表示されました。

capture_11072016_105554.jpg

Microsoft は、あなたの重要なWindowsドライバの期限が今日切れたのを検出しました。ファイルを完全削除、またはWindowsを破損から防止するために、それらを直ちに更新してください。」

外国語を直訳したような稚拙な日本語なので、「釣り」であることは明白ですな。「OK」を押したら何が起こるかわかったものではないので、直ちにブラウザ(Firefox)を閉じました。

同様の「釣り」には、アプリ終了を阻害するタイプもあるとか。その場合はCtrl+Alt+Delを同時押下してタスクマネージャーを起動し、ブラウザを強制終了すればよろしいかと思います。

念のため、キャッシュとCookieも消去しておきます。
(自己責任でお願いします)

【Firefoxのキャッシュ消去】
右上の「三」をクリックした後、「オプション→詳細→ネットワーク→キャッシャされたWebページ 今すぐ消去」と辿って、キャッシュを消去。

【FirefoxのCookie消去】
右上の「三」をクリックした後、「オプション→プライバシー→Cookieを個別に削除→すべてのCookieを削除→閉じる」で、Cookieを消去。

怪しい検索ワードを入れたわけでもなく、フツーにGoogle検索結果で表示されるサイトなのですが、危険な落とし穴はどこに開いているかわかりませんな。というわけで、念には念を入れ、eset SMART SECURITY 9でHDDを総点検しております。時間かかるわー。

[追記]
ウィルスチェックの結果は、「脅威なし」でした。


ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)

ESET ファミリー セキュリティ 5台3年版(最新版)

  • 出版社/メーカー: キヤノンITソリューションズ
  • メディア: CD-ROM



Splashtop Remote Desktop [Windows]

App StoreでiPad用「Splashtop Remote Desktop」を購入した。iPadでWindows PC(7、Vista、XP)の操作ができちゃうアプリである。で、早速セットアップ開始。

(1) PCでhttp://www.splashtopremote.comにアクセスし、「Download for your Computer」をクリック。Splashtop Remote serverをダウンロード&インストールする。
128763633487516128822_str01.jpg

(2) インストールが完了すると、クライアント(iPad側)からアクセスする際のパスワードを求められる。Password、Confirm各欄に英数字混在8~20字の文字列を入力。
128763636165016231812_str02.jpg

(3) サーバ(PC)側IPアドレスが表示される。PC側の設定はこれで完了。
128763662564216231880_str03.jpg

(4) iPad側でSplashtop Remoteを起動し、サーバ(PC)名をタッチ。この後、パスワードを入力すればサーバに接続される。
128763665737716129075_str04.jpg

(5) サーバ名が表示されなかった場合には画面右上の「+」をタッチし、サーバ名(任意名でOK)、IPアドレス、パスワードを手動登録する。
128763667118916130413_str05.jpg

(6) サーバ接続時に表示される操作ガイド。確認後、「Continue」をタッチする。
128763670151216130413_str06.jpg

(7) ここから先は、Windows PCと同じ要領で操作。Firefoxを起動し、Yahoo検索を行ってみる。検索窓をタッチしたあと、ATOKパレットをタッチして日本語入力モードにする(Microsoft IMEなら言語パーをタッチして入力モードを切り替える)。その後、画面右下のキーボードアイコンをタッチ。
128763671817316231880_str07.jpg

(8) 「すかぱー」と入力し、スペースキーをタッチして「スカパー」に変換。改行キーで確定後、右下のキーボードアイコンをタッチしてキーボードを閉じる。
128763673628716231565_str08.jpg

(9) 「検索」をタッチすれば、検索結果が表示される。
128763675756416128822_str09.jpg

(10) PC側Webブラウザを利用すれば、iPad Safariが対応していないFlashサイトの表示も可能だ。
128763677366716230696_str10.jpg

あくまでもリモートデスクトップなのでもっさり感はあるが、Windows PCをiPadから操作できるのはなかなか便利。PC側データをDropbox経由でiPadにコピーする場合にも、iPadからの操作だけで完結する。






Windows7でハングルを入力する [Windows]

Windows7(Professional)でハングルを入力できるよう、設定してみた。


【設定方法】

(1) コントロールパネルの「キーボードまたは入力方法の変更」をクリック。

125725914131816128301_w7han01.jpg


(2) 「キーボードの変更」をクリック。

125725916245916218472_w7han02.jpg


(3) 「インストールされているサービス」の「追加」をクリック。

125725918000116218472_w7han03.jpg

(4) 「韓国語(韓国)→キーボード」を開いて「Microsoft IME」にチェックし、「OK」をクリック。

125725919662816319025_w7han04.jpg

(5) 「インストールされているサービス」に「韓国語・Microsoft IME」が追加されていることを確認し、「OK」をクリック。

125725922018816319032_w7han05.jpg

ここまでの操作で、ハングルを入力するための設定は完了。

続いて、実際にハングル入力を行ってみる。



【ハングルの入力方法】

以下の操作を行う前に「ノートパッド」等のテキストエディタを起動しておくこと。

(1) [左Alt]を押しながら[Shift]を押すたびに、使用言語が切り替わる。言語バー表示が「JP」なら日本語、「KO」ならハングル。
※言語バーの「JP/KO」をクリックして切り替えることも可能。

125725924970816218472_w7han06.jpg


(2) 使用言語をハングルにした状態で[右Alt]を押すたびに、入力モードが切り替わる。言語バー表示が[A]なら英数、[가]ならハングル。
※言語バーの「A/가」をクリックして切り替えることも可能。

125725926441916128445_w7han07.jpg


(3) 上記操作を覚えれば、こんなふうに日本語、英数、ハングルを自由に入力できる。子音、母音、パッチムの順にタイプしていこう。キーボードの左半分に子音、右半分に母音が配置されている。

125725932310916128460_w7han08.jpg


(4) 細かい説明は省くが、文字コード「UTF-8」でセーブしておけばよいだろう。

125725933994816319080_w7han09.jpg



【ソフトウェアキーボードで入力する】

ハングルキー配列を覚えるまでの間は、ソフトウェアキーボードで入力するのも手。

(1) 言語バー右下の▼(オプション)をクリックし、「Soft Keyboard」をチェックする。

(2) 言語バーに現れるキーボードアイコンをクリックすると、ソフトウェアキーボードが現れる。マウスでクリックすれば入力できる。

125725936019816319050_w7han10.jpg






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。