So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone・iPadでFAX受信、もどき [電話]

 ひかり電話の「FAXお知らせサービス」オプション(105円/月)は、送られてきたFAXをNTTのファクス受信サーバが代行受信し、FAX着信をメールで通知してくれるサービス。

 通知メール内に書かれたURLへアクセスすれば、届いたFAX(tiff形式)を画面上で閲覧できる。

 これまでずっとパソコンでアクセスしていたのだが、ついさっき「iPhoneやiPadでも見られるんじゃね?」と気づいた(←気づくのが遅い)。早速試してみる。


127927757967416317078_fax_iphone0.JPG
↑この紙を、自宅のFAXからファクス受信サーバへ送信する。

127927767741816225819_fax_iphone1.jpg
↑「FAXお知らせサービス」から届く通知メールは、iPhoneにも転送している。メール内のURLをタッチし、Safariを起動。

127927773710916315843_fax_iphone2.jpg
↑「FAXお知らせメール」をタッチしたあと、ID、パスワードを入力してファクス受信サーバへ接続。

127927775644916317790_fax_iphone3.jpg
↑受信FAX一覧が表示される。右端の「見る」をタッチ。

127927781426216317078_fax_iphone4.jpg
↑おお! ちゃんと見られる! ピンチ操作で拡大・縮小も可能。iPadでも同様に見ることができた。


 ただし、Wi-Fi接続ではFAXが正しく表示されたものの、3G回線でアクセスすると白紙になってしまった。原因は不明。

 ちなみに、「FAXお知らせサービス」の保存容量は10MB。かかってきた電話をファクス受信サーバへ転送する形になるため、番号追加サービス「マイナンバー」(105円/月・番号)を併用してFAX用番号を追加するのが現実的だ(1電話番号で電話・FAXを自動切り替えすることはできない)。



パナソニック デジタルコードレスFAX 子機1台付き 1.9GHz DECT準拠方式 ホワイト KX-PD503DL-W

パナソニック デジタルコードレスFAX 子機1台付き 1.9GHz DECT準拠方式 ホワイト KX-PD503DL-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • メディア: エレクトロニクス



日本→韓国国際電話料金を調べてみた~2009秋 [電話]

2009年3月21日に立てた、「日本→韓国国際電話料金を調べてみた」というエントリを多くの方に見て頂いているようである。が、その後7ヶ月経過し状況が若干変化しているようなので、改めて日本→韓国の国際電話料金を調べ直した。



【日本発→韓国着国際電話料金(かけ方の「82」は韓国の国番号)】

●ドコモ<前回調査と変わらず>
通話料金……57円/30秒(平日8時~19時)、49円/30秒(その他の時間帯)
かけ方……010-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
料金表→http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/worldcall/area/index.html

●au<国際プレフィクス番号変更&値下げ断行>
通話料金……69円/分
かけ方……001010-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
料金表→http://www.au.kddi.com/service/kokusai/au_kokusai/service/ryokin.html
※2009年5月末日までのauの通話料金&国際プレフィクス番号は以下のとおり。 国際プレフィクス番号005345は現在も使用可能(料金は69円/分)。 通話料金……45円/20秒(平日8時~19時)、33円/20秒(その他の時間帯) かけ方……005345-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号

●ソフトバンクモバイル<前回調査と変わらず>
通話料金……99円/30秒(終日)
かけ方……010-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
料金表→http://mb.softbank.jp/mb/service/3G/global_service/call/area.html

●ウィルコム<前回調査と変わらず>
通話料金……25円/30秒
かけ方……010-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
料金表→http://www.willcom-inc.com/ja/service/global_call/charge/index.html

●イーモバイル<初参戦(前回調査漏れ)> ※注目株
通話料金……36円/分(2009年11月1日以降は10円/分)
かけ方……010-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
料金表→http://emobile.jp/service/world.html



課金単位時間が各社まちまちなので、わかりやすいように1分換算で比較してみよう。

・ドコモ……114円/分(平日8時~19時)、98円/分(その他の時間帯)
・au……69円/分(終日)
・ソフトバンクモバイル……198円/分(終日)
・ウィルコム……50円/分(終日)
・イーモバイル……36円/分(2009年11月1日以降は10円/分)

ことあるごとに安さをウリにしているソフトバンクモバイル(SBM)だが、韓国への国際通話に関しては実は一番高いんですな。



そして今回初参戦のイーモバイルは、11月1日以降の通話料金が震撼の安さだ。1分10円って、ソフトバンクの20分の1だよ……。

3月のエントリでは<ドコモ、au、SBMの人は、KDDIが提供する「001国際モバイルトーク」や、NTTコミュニケーションズが提供する「0033国際モバイルプラン」「国際SAMURAIモバイル」を利用するといいかもしれない>と書いたが、頻繁に韓国へ電話するのであればイーモバイルを別途契約したほうが安上がりになる可能性が高い。

特に11月以降はイーモバイルの安さが際立ち、後述する固定電話よりも低廉な料金設定となる。毎月20~30分以上韓国へ電話するなら、迷わずイーモバイルだ。月額利用料が780円(ケータイ定額プラン)と安く、H11HWなら端末割賦金も500円/月とお手頃。2本目のケータイとして持つにも経済的負担は少ない。

ただし、イーモバイルは他社に比べてエリアが狭く、エリアの穴(電波が入りにくい場所)もままあるので、よく使う場所が圏内かどうかを確認しておいたほうがよいだろう。



ちなみに「001国際モバイルトーク「0033国際モバイルプラン」「国際SAMURAIモバイル」を利用するには事前申し込みが必要。登録料、基本使用料はかからないので、「国際モバイルトーク」と「国際SAMURAIモバイル」を両方契約し、かける相手国によって使いわけるのも手だ。
※auの国際通話料金は2009年6月以降「001国際モバイルトーク」と同一になった。現在、auユーザーが「001国際モバイルトーク」を申し込むメリットはない。

●001国際モバイルトーク(KDDI)
通話料金……69円/分(終日)
かけ方……001-010-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
料金表→http://www.001.kddi.com/lineup/mt/tariff/asia.html

●0033国際モバイルプラン、国際SAMURAIモバイル(NTTコミュニケーションズ)
通話料金……65円/分(0033国際モバイルプラン終日)、57円(国際SAMURAIモバイル終日)
かけ方……0033-010-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
料金表→https://506506.ntt.com/service/mobile_plan/charge_list.html#asia" target="_blank">https://506506.ntt.com/service/mobile_plan/charge_list.html#asia
※国際SAMURAIモバイルは一部の国への通話料が安い代わりに、その他地域への通話料が割高になる。両サービス同時加入は不可。

他に、CMを聞くことで国際通話料金が0円になるという「メディアコールズ」や、格安国際電話「テリンク」を利用する手もあるようだ。ただし、日本国内のアクセスポイントまでの通話料が別途かかる点に注意。



固定電話(代表的なサービス)発、SkypeOut発の通話料金は以下のとおり。固定電話の場合、韓国への国際通話料は30円/分程度が相場。ただし割引サービス加入の有無や、料金プランによっては通話料が割高になる場合もある。

●ひかり電話(NTT東日本・NTT西日本)
通話料金……30円/分
かけ方……010-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
料金表→http://flets.com/hikaridenwa/charge/inter.html#ta

●NTTコミュニケーションズ
通話料金……90円/3分
かけ方……0033-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
料金表→https://506506.ntt.com/0033data/head05.html
※世界割適用時。通常料金は https://506506.ntt.com/0033data/list05.html#Korea を参照。

●おとくライン 一律料金プラン・シンプルプラン(ソフトバンク)
通話料金……29円/分(最初の1分)、30円/分(1分経過後)
かけ方……010-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
料金表→http://www.softbanktelecom.co.jp/otoku/price/international_01c.html#01
※通常料金プランでは9~13円/6秒(詳細は http://www.softbanktelecom.co.jp/otoku/price/international_01.html#01 を参照)。

●メタルプラス電話(KDDI)
通話料金……30円/分
かけ方……010-82-市外局番(先頭の0を省く)-相手先電話番号
http://www.kddi.com/personal/metalplus/ryokin/hikaku/nihon_asia.html

●SkypeOut(プリペイドタイプ)
通話料金……2.766円/分(固定電話宛)、9.499円/分(携帯電話宛)
料金表→http://www.skype.com/intl/ja/prices/callrates/#listing-K
※別途接続料が課金される(5.635円/回)






海外プラスナンバー(韓国)を契約してみた [電話]

今月中旬に韓国旅行することになったため、ドコモ海外プラスナンバー(韓国)を契約してみた。

ケータイに付与されているドコモ番号に加え、同じドコモ端末で韓国携帯電話事業者KTFから付与される番号を利用して発着信できるというサービスだ。

月額利用料300円/月が必要になるが、KTF番号を使った韓国国内での通話料が低廉になるというメリットがある(5月末日まで契約事務手数料1050円は無料)。

例えば
韓国国内→韓国国内への通話料は、50円/分(ドコモ番号)に対し20円/分(KTF番号)。
韓国国内→日本への通話料は、125円/分(ドコモ番号)に対し60円/分(KTF番号)。

ズバリ半額以下である。

また、自分のケータイに着信した場合、ドコモ番号では70円/分の着信料が課金されるが、KTF番号では着信料がかからない。

てなわけで300円払っても元はとれるかなー、という感じ。帰国後不要なら解約してしまえばいいし。

契約申し込みのためドコモショップへノコノコ出かけてみた。が、このサービスはドコモショップでの受付を行っていないとのこと。ドコモインフォメーションセンターへ電話し、オペレーターに申し込む必要があるらしい。

その場で窓口の電話を借り、オペレーターに「海外プラスナンバー契約したい」旨話すと、国際サービス担当に転送された後申し込み手続き開始。

本人確認、使用機種確認(海外3Gローミング対応か否か)、システム・料金体系の説明(渡航後に手動でKTFローミング設定する必要がある等々)受けた後、「010」で始まる3つのKTF番号を提示される。この中から好きな番号が選べるようだ。

とはいえ特に良番というわけでもなかったので、適当に選択。

帰国後はローミング設定をドコモ(もしくは自動)に戻すよう念を押され、契約完了。FOMAカードにKTF番号を書き込むとかいうことも特になく、あっけなく済んでしまった。

ちなみに、KTF番号にかかってきた電話をドコモ番号に転送するオプションもあり、転送料は60円/分。このオプションを設定しておけば、日本にいる間もKTF番号の電話を受けることができる。

韓国滞在中でも、「KTFは圏外だが、SKテレコムは圏内」というような場所でKTF番号の電話を受けることも可能だが、

発信者→KTF(韓国)→ドコモ(日本)→SKT(韓国)→自分

と、たらい回し的なルートwで繋がるため転送料(60円/分)と着信料(70円/分)がダブルで課金される。あまり実用的ではないため、私は「転送しない」設定にしておいた。

なお、KTF番号では留守番電話などのネットワークサービスやSMSが使えない。また、安くなるのは通話料のみで、iモードなどのパケット通信料は安くならない。念のため。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。