So-net無料ブログ作成
検索選択

アバターのこと [映画]

アバター。どうせならIMAX 3Dで観たいと思い、109シネマズ菖蒲へ。

世界が震撼する大ヒットムービーらしいので事前にチケット予約しないと入場できないのではないか? しかも私が観ようとしている吹き替え版はこの日、1度しか上映しないのだ!

当日ノコノコ出かけて、窓口の人に「アバター吹き替え版観たいんですけど」などと言った日には「お客様もご存じかとは思うのですがアバターは世界が震撼する大ヒットムービーとなっておりまして当日券は1枚たりともございません。つきましては大変お手数をおかけしますが面を洗って出直していただけますでしょうか」的な答えが返ってくることも十分予想できる。

最悪の事態を避けるべく、109シネマズのオンラインチケット購入サイトを確認。当日でも空席はあるようだ。また、一般席2席分のスペースに幅広の上質シートがセッティングされたエグゼクティブシートが18席用意されており、通常一般料金の300円増し(2,500円)で利用できるらしい。300円でエグゼグティブ気分を満喫できるなら安いものだ、エグゼクティブ希望!

ただし、エグゼクティブシートのオンライン予約には「Cinama Point Card」が必要らしい。そんなものは持っていないため、窓口で直接交渉するしかない。

自宅(練馬区)から109シネマズ菖蒲まで、カーで約1時間。


126354091305116431726_shobu1.JPG
↑広大な敷地に作られた巨大ショッピングモール「モラージュ菖蒲」内に、109シネマズ菖蒲はある。


126354095050616112591_shobu2.JPG
↑ショッピングモールの端から端まで、600~700mありそう。カーを駐めるなら劇場側へ。ちなみに左手に見える紅白の細い鉄柱はNHKラジオの送信アンテナ(NHK菖蒲久喜ラジオ放送所)。この地域ではNHKラジオ第一(300KW)、第二(500KW)の影響で他局AM放送が入りづらい。


結果的には、上映1時間前に窓口へ行ったら、フツーにエグゼクティブシートのチケットが買えた。18席中4席ほど埋まっていたが、ほぼ客席のど真ん中を陣取ることができた。


126354141056416328785_shobu3.JPG
↑チケット争奪戦で圧倒的勝利を収めた後、レストラン街で腹ごしらえ。109シネマズのチケットを提示すると特典が受けられるお店もある。


噂に違わずスゴイ映画、というより、もはや体感型仮想テーマパークであり2,500円は決して高くない。

最初の1時間は少々ダレるが、異文化を持つ生命体に感情移入するためにはこの長い伏線が必要なのかも。終盤の王蟲的なアレは少々強引な気がしなくもないw。

まあ、あれだ。仮想であれ、現実であれ、この世のいかなる勢威も見かけ倒し。驕ったら負け。



アバター エクステンデッド・エディション [Blu-ray]

アバター エクステンデッド・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray