So-net無料ブログ作成
オーディオ ブログトップ

SL-CT800とガム電池のこと [オーディオ]

PanasonicのポータブルCDプレーヤー「SL-CT800」のガム電池がついに寿命を迎えた。

今やiPodやMP3プレーヤーの普及で需要がほとんどなくなったかに見えるポータプルCDプレーヤーではあるが、私は家の中で意外と使っているのだ。(圧縮音源の)iPodで聞くよりもCDを直接再生して聞いた方が、やはり音質がよい。

ところが、どんなに充電しても、バッテリ駆動でCDを聞くことができなくなってしまったのだ。再生ボタンを押してもまったく反応がない。

しかも、交換用のガム型ニッケル水素電池「HHF-ZA01」を探してみたものの、取扱店が皆無なのだ。製造中止か?


124048614902216420629.JPG
↑SL-CT800と、ご臨終なさったガム型ニッケル水素電池。2本の電池で音楽CDなら26時間の連続再生が可能。MP3・WMA記録されたCD-R/RWの再生にも対応している。


2002年発売のプレイヤーなのでかれこれ7年程使っているが、本体は何の問題もなく動いている。バッテリーさえ調達できればまだまだ現役で活躍できるはずだ。

そこで、現在でも入手可能なソニーのニッケル水素電池「NH-14WM」を購入してみた。容量こそHHF-ZA01が1400mAh(min)、NH-14WMが1350mAh(min)と50mAhの差があるものの、サイズも電圧も同じ。自己責任で試すぶんには問題なかろう。


124048616409716205514.JPG
↑パナソニックHHF-ZA01とソニーNH-14WMのサイズはまったく同じ。代替バッテリーとして使えそうだ。

結果は……SL-CT800にピタッと収まり、充電もすんなりできてしまった。これでまた数年は元気に働き続けてくれるだろう。


124048619267016205477.JPG
↑これで当面はSL-CT800を使い続けられそう。NH-14WMは今後も生産され続けて欲しいものだ。

ノートパソコンなんかもそうだが、本体はバリバリ使えるのに予備バッテリーが入手できなくなるということがままある。結果的に、本体を買い換えるハメになってしまうわけで、それも結構馬鹿馬鹿しい。そもそもエコじゃないし。

パソコンや電化製品等の補修用性能部品のメーカー保有年数は生産完了後6~7年くらいが一般的。しかし、バッテリーに関してはもう少し保有期間を伸ばして欲しい気がする。



互換NI-MHガム電池 1400mAhタイプ

互換NI-MHガム電池 1400mAhタイプ

  • 出版社/メーカー: Wellz
  • メディア:



オーディオ ブログトップ