So-net無料ブログ作成

『水道橋博士のメルマ旬報』をKindle Paperwhiteで読む [電子ガジェット]

1月7日まで行われていた『水道橋博士のメルマ旬報』福袋セール。期間中に購読を申し込むと、バックナンバー(臨時増刊号を含む創刊号~3号)もすべて読めるという夢のようなセールだ。

最終日に気づいてぎりぎり間に合ったが、申し込み完了とほぼ同時に13ファイル(約35MB)が一気に送られてきた。1号あたりのボリュームが大きすぎるため、1巻を分割送信しているらしいw。一気通読はムリなのでKindle Paperwhiteに入れ、空き時間に少しずつ読むことに。

ただ、Kindleで読むには「ePub版ダウンロード→mobi変換→Kindleへ転送」という作業が必要になる。

メルマガ冒頭には購読者専用サイトのURLがあり、そのページへ飛ぶと最上部にePub版ダウンロードリンクが張られている。まずは、この方法でePubファイル13本5本を入手。
【訂正】メールで送られてくるテキスト版は13本ですが、リンク先のHTML版、ePub版は各号1ファイルでした。つまり、創刊号~4号と臨時増刊号の計5本になります。以降、画面写真内に13ファイルありますが、5ファイルのつもりでお読み下さい。


続いて、mobiファイル(Kindle用フォーマット)への変換を行う。

ググると「Kindle Previewer」を用いるのが一般的らしいが、全ファイルをまとめて変換するため「KindleGen」(コマンドライン版ePub/mobi変換ツール)を使用し、Windows 7上でバッチ処理することにした。
※わざわざバッチファイルを作ったのは、kindlegenが入力ファイルのワイルドカードを解釈してくれなかったから。コマンドのみで複数ファイル変換が可能であればご教示ください。

1) こちらのサイトからKindleGen v2.7 for Windows (XP, Vista, 7) をダウンロード

2) Cドライブ直下にkindlegenフォルダを作成。(C:\kindlegen)
135780507872813210651_kingen02.jpg

3) C:\kindlegenフォルダ内にkindlegen_win32_v2_7.zipを展開し、epubフォルダを作成。(C:\kindlegen\epub)
135780514669613210091_kingen03.jpg

4) 以下のスクリプト(バッチ)を、C:\kindlegen内にepub2mobi.batというファイル名で保存。

@echo off
for %%i in (%*) do (
  C:\kindlegen\kindlegen %%~ni%%~xi
)

135780517425913210651_kingen04.jpg

5) C:\kindlegen\epubフォルダ内に、変換元のePubファイル(メルマ旬報全ファイル)をコピー。
135780521141613210091_kingen05.jpg

6) スタートメニュー→アクセサリ→コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを入力するとePub→mobi変換が始まる。([Enter]はEnterキーのこと)

cd c:\kindlegen\epub[Enter]
..\epub2mobi.bat *.epub[Enter]
 ※\の前の..(ピリオド2個)を忘れずに
135780653187413211507_kingen06_20130110172851.jpg

7) epubフォルダ内に拡張子.mobiファイルができていることを確認。
135780525925413116918_kingen07.jpg


その後、Kindle PaperwhiteをPCへ接続し、できあがったmobiファイルを転送する。PCからは外部ドライブと同じように見えるので、転送(コピー)はエクスプローラーで行うことができる。documentフォルダ内に「水道橋博士のメルマ旬報」フォルダを作り、その中へ転送すればよいだろう。

135780530039213116534_kingen08.jpg



Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • メディア: エレクトロニクス



Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。