So-net無料ブログ作成

斜め付けダウンライトの電球をLED電球にしてみた [電子ガジェット]

トイレと階段のダウンライトがなぜだか点いたままになるのです。細心の注意を払って消したはずなのに、5回に3回は点いたままになっているのです。もうね、妖精的な小人さんのイタズラとしか思えませんわよ。けれども大人は信じてくれないのです。

こうなったら、万一点いたままになっていても電気代を節約できるよう、ダウンライトの電球をLED電球に替えるしかない! ただ、我が家のダウンライトは電球を斜めに取りつけるタイプであり「通常の白熱電球より尺が長いLED電球を取りつけられるのか」「配光角度が狭いLED電球では真下を照射できぬのではないか」という不安もありました。

ダウンライトにもともと付いていたクリプトン電球は60Wタイプ(消費電力57W)。店頭で同タイプ相当のLED電球の実物を見てみると、見るからにでかい、でかすぎる。たぶんというより絶対に、斜めに取りつけるのは無理っぽい。でも、隣に置いてある40W相当タイプならば白熱球よりは若干長いけれど、取りつけられそうです。また、300度程度の配光角を持つ「全方向タイプ」を選べば、白熱球とリプレースしても問題なさそうです。

そこで、選んだのが次の2種類。どちらも「小型電球40W形相当」の明るさを謳っていますが、スペックは微妙に異なります。

【パナソニック LDA6LGE17Z40SW】
E17口金/配光角 約300度/全光束 440lm/消費電力 5.8W 外径 35mm/長さ 75mm


【NECライティング LDA6L-G-E17/S】
E17口金/配光角 290度/全光束 500lm/消費電力 6.0W 外径 35mm/長さ 80mm



139048652942524667226.jpg
▲左から、ミニクリプトン電球(57W)、パナソニック LDA6LGE17Z40SW、NECライティング LDA6L-G-E17/S。パナソニック製なら斜め付けダウンライトでも確実に、NEC製でもぎりぎり取りつけられそう。

139048654398971626226.jpg
▲NEC製LED電球を斜め付けダウンライトに取りつけてみました。ぎりぎりセーフですな。パナソニック製なら余裕で付きます。


パナソニック製とNEC製ではスペック上、全光束500lmのNEC製のほうが明るいはず。なのですが、どうもパナソニック製のほうが明るく感じます。3種類の電球の明るさを比較してみましょう。


139048814278337432226.jpg
139048646846098740226.jpg
139048816125318668226.jpg
▲上からミニクリプトン電球、NECライティング LDA6L-G-E17/S、パナソニック LDA6LGE17Z40SW。左壁に当たる光の広がりや、奥の扉上部の明るさを比べると、NECがやや暗く感じます。(いずれも1/100s f4.5 ISO1600でマニュアル撮影)。


139048673630369038226.jpg
139048675222389364226.jpg
139048676946518805226.jpg
▲照度計(LX-1010B)を電球直下約230cmの位置に設置し、照度を比較(単位=ルクス)。上からミニクリプトン電球、NECライティング LDA6L-G-E17/S、パナソニック LDA6LGE17Z40SW。安い照度計なので絶対精度はアレですが、相対的にNEC製の値が低めです。


というわけで、狭い密閉空間のトイレに若干暗めなNEC製を、階段に明るいパナソニック製を付けることにしました。

それにしても、パナソニック製は40Wタイプを謳いながら、ミニクリプトン球60Wタイプとほぼ明るさが等しいのがうれしい誤算でしたわ。







パナソニック LED電球 電球60W形相当 760 lm 電球色相当 全方向タイプ E17口金 LDA8LGE17Z60SW

パナソニック LED電球 電球60W形相当 760 lm 電球色相当 全方向タイプ E17口金 LDA8LGE17Z60SW

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: ホーム&キッチン



Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。