So-net無料ブログ作成

LibreOfficeで一太郎文書ファイルを開く

よんどころなき事情で一太郎文書ファイルを開く必要があったのですが、わたくし一太郎を持っていません。Microsoft Office Word 2007まで付属していた「一太郎コンバーター」は、Word 2010以降には付いていないとのこと。現在使用中のWord 2013でももちろん開けません。

そこで、無料オフィススイート「LibreOffice」に「Ichiraro Document Filter」を導入して開くことにしました。以下は、その導入手順です。


(1) 「LibreOffice」をダウンロードし、インストールする。

(2) 「Ichitaro Document Filter」(ichitaro.oxt)をダウンロードずる。

(3) LibreOffice Writerを起動し、「ツール→機能拡張マネージャー→追加」で「ichitaro.oxt」を追加する。

(4) 「ファイルを開く」で、ファイル形式「Ichitaro 8/9/10/11 (*.jtd)」を選択したあと、一太郎文書ファイルを開く。



一太郎文書ファイルをLibreOfficeへドラッグ&ドロップすると文字化け状態で開いてしまうので、必ず(4)の方法で開きましょう。

ちなみに、Word 2007の一太郎コンバーターをWord 2010に導入した猛者もおられました。2007のディスクをお持ちならこちらのサイトを参考に挑戦してみてください。レジストリ編集が必要なので、自信がなければLibreOffceで開いたほうが安全かもしれません。



一太郎2016 特別優待版

一太郎2016 特別優待版

  • 出版社/メーカー: ジャストシステム
  • メディア: DVD-ROM



Sponsored Link


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

情報追加を

情報検証をお願いたします。
私のところで
最新版のLibreOfficeをダウンロードして記事の追加フィルターをインストールしようとしたのですが
「拡張機能「Ichitaro Document Filter」 は、このコンピュータでは動作しません」
と表示されてインストールできないことを確認いたしました。
LibreOfficeのバージョンは、バージョン: 6.1.4.2
OSは、Windows10
です。

by 情報追加を (2019-02-15 10:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。